カジノ旅行前の予習に必読!知っておきたいカジノのマナー・ルール・禁止行為まとめ

カジノのマナーと禁止と基礎知識

ランドカジノへ行くまえに

時間を忘れて非日常のスリルと刺激を味わえるカジノも、まったく何も知らない状態で行くとその楽しさは半減してしまいます。

それは「ゲームのルールを知らないと満足に遊べない」ということではありません。それ以前に、カジノには振る舞いに関するマナーやフロア内で禁止された行為など最低限知っておかなければならない予備知識がいくつかあるからです。それらを知らないと、まったく悪意なくとった行動でディーラーやスタッフに怒られたり、退出させられる可能性さえあります。あるいはフロアへ入場できないかもしれません。

そうした間違いをしないために、このページでは旅先でカジノへ行く前に知っておきたい諸知識をすべてまとめました。カジノ旅行前の予習として読み、そして現地での体験を存分にお楽しみ下さい!

そもそも旅先でカジノへ行くのは合法?

カジノへ行くのは合法?違法?

そもそも旅先でカジノへ行くのは合法なのか?違法なのか?

この点は明白。日本在住の日本人が国外のカジノで遊ぶのは日本の法律が及ばないことなので、なんら問題ありません。ただし、道端で怪しい人に勧誘されてグレーな雰囲気の漂う賭博場へ行くのは絶対にやめましょう。また、日本国外に住んでいるなら、その国ごとの規制が適用されることもあるため事前にご確認ください(現地在住者は入場できない、など)。

カジノに入る前に知りたい5つのこと

ランドカジノ入場前に知りたいこと
(シンガポールのマリーナベイサンズのカジノ入り口)

ここからは、カジノに入る前に最低限知っておきたいマナーとルールについての解説です。

証明書(パスポート)は必要?

カジノの入り口にはスタッフが立っていて、たいていは入場前に簡単な荷物検査と年齢確認があります。ですから、カジノへ行く際は証明としてパスポート、または現地在住者ならIDカードなどをご持参下さい。国や地域によってはチェックなしで素通りできるカジノもありますが、旅先でカジノへ行くならパスポートを携行した方が無難です。(もしもその場でメンバーカードを作るなら、その際の証明書としても利用します)

何歳でも入れるの?年齢制限は要確認

カジノフロアへの入場には年齢制限があります。これはカジノごとのルールではなく法律で定められているため、同じ国・地域にあるカジノはすべて共通です。定められた年齢を超えていなければカジノへ入場できません。プレーを一切しないつもりで入る同伴者ももちろん適用されるため、子どもはたとえ保護者同伴でも原則的には入場できません。(カジノによっては素通りできることもありますが…)

以下は主要なカジノ合法国の年齢制限表です。(ここで記載していない国の年齢制限は、各国カジノ一覧にて掲載しています)

アメリカ 21歳以上
中国(マカオ) 21歳以上
フィリピン 21歳以上
シンガポール 21歳以上
韓国 19歳以上
オーストラリア 18歳以上
イギリス 18歳以上
フランス 18歳以上
ドイツ 18歳以上
スペイン 18歳以上

服はなんでもオッケー?ドレスコードって何?

カジノにはドレスコード(服装の決まり)があります。

年齢制限は同じ国や地域内だと共通です。一方で、ドレスコードはカジノごとにさまざま。ジャケットやドレス着用が必須の格式の高いカジノもあれば、襟付きシャツとパンツのスマートカジュアル(普通の格好)で入場できるカジノもあります。さらに、もっとラフな姿で気軽に入れるカジノもあり、ハウスごとにかなり違いがあります。

一般的に、ほとんどのカジノは普通の格好で入れます。カジノによってはTシャツでも別に問題ありません。アジアは全体的にゆるい傾向があります。一方、ヨーロッパの格式高いカジノはドレスコードが厳しいため、例えばモナコではスマートカジュアルが無難。ジャケットもあれば雰囲気的には一層調和します。(しかし、私の知人はランニングウェアでも入れたので、本当にケースバイケースです)

ただ、基本的にはタンクトップ+短パン+サンダルのようなラフすぎるスタイルはたとえ基準がゆるいカジノでも止められる可能性があるので、やめたほうが無難です。(シンガポールのマリーナベイサンズは短パンはOKでしたが上がタンクトップだと止められたので、部屋からシャツを取ってきました)ちょっと格式が高そうなカジノなら、事前にカジノの公式サイトをチェックするか問い合わせてご確認ください。

ランドカジノはフロア全体の雰囲気まで味わうもの。自分も他のゲストにとっての景色の一部になるという気持ちで、相応の格好でお楽しみください。

カバン持ったままカジノフロアに入っていいの?

大きなカバンやキャリーバックはカジノフロアに持ち込みできません。

大きなカメラ(例えば望遠レンズがついているような)も同様です。これらはゲートの前にあるクロークに預けます。冬場ならコートも。(上着は着たままでも入れますが、プレーするときに邪魔になりそうなら預けてください)

小さいカメラをケースに入れて肩からかけていたり、カバンもよほど大きくなければそのまま入れます。どこまでのサイズが認められるのかはスタッフの判断にもよるため、持ったまま入ろうとして止められたら預けてください。ホテルに併設されたカジノへ行くのなら、必要な貴重品やパスポートだけ持って、荷物は部屋に置いておきましょう。

カジノの営業時間は?

営業時間はカジノによって違いますが、大きなホテル併設のカジノはたいてい24時間営業です。一方、カジノのみの施設や格式高いカジノ、田舎のホテルについている小さなカジノだと14時〜夜中2時までなどの営業時間が決まっていることもありますので、事前にご確認ください。

また、24時間営業とうたっているカジノでも注意が必要で、朝方はディーラーが2〜3人しか働いておらず、客もほとんどなし、稼働しているテーブルは1つだけ、端の方では清掃のおばちゃんが床掃除中、という雰囲気もへったくれもないような状態になっているかもしれません。(数年前にフィリピンのセブ島のウォーターフロントカジノに朝立ち寄ったらまさにそんな姿だったことがあり、プレーするのはやめてルーレットの椅子を借りてテレビの前に持っていき、現地人何人かとサッカー観戦をして過ごしました)

ゲームのルールを知らなくても大丈夫?

カジノに置いてある日本語ゲームマニュアル
(マカオや韓国のカジノで置いてある実際のマニュアル)

ルールが分からないままでは満足にプレーできませんし、勝ちたいならなおさら。(ルールを知らないと、賭け間違えて損していることさえ気づけませんから)

ですが、はじめてカジノへ行く前から完璧にマスターしていなくても全然大丈夫。カジノフロアには、各種ゲームの解説書が置いてあります。特に韓国やマカオ等のアジア圏のカジノなら日本語のルールブックも用意してあるので、現地でも復習できます。

また、カジノフロアへ入場したからといって必ずプレーしないといけないわけではありません。併設されたカフェやレストランで食事し、生演奏を聴いたりショーを観るだけでもカジノの雰囲気は十分味わえます。

もちろんゲームに興じることが一番の醍醐味ですから、プレー前には当サイトでルールの予習や無料ゲームで練習を。

カジノゲームの遊び方解説
カジノにはどんなゲームがある?ゲーム別ルール解説書

カジノではさまざまななゲームを楽しめます。カジノのゲームはルーレットやブラックジャック、バカラなどの「テーブルゲーム」と、スロットやビデオポーカー等の「非テーブルゲーム」の2種類に分けられます。カジノ ...

続きを見る

カジノ内での一般ルールや禁止行為

フィリピンのカジノ
(フィリピンのオカダマニラの入り口)

続いて、ここからはカジノの中に入ってからのルールやマナー、禁止事項についての解説です。

カジノ内で記念撮影はできる?

カジノは写真撮っても良い?撮影禁止?

カジノ内はプライバシーの保護や不正の防止から撮影禁止です。

カジノによっては記念撮影専用のスポットが用意してあったりするので、そこで撮影しましょう。外から入り口付近を撮る程度ならなにも言われませんが、もし立っているスタッフに注意されたら素直に従ってください。カジノ内のレストランやバーで撮るのは特に問題なし。(かといって、あまりパシャパシャ撮るのも雰囲気的にどうかという感じなので、あくまでスマートに)

カジノ併設のエンターテイメント、例えばライブ演奏やウォーターショーなんかは撮っても全然大丈夫です。

カジノフロア、テーブルゲームでのプレー中などは完全にダメ。ルーレットで当たったからといってテーブルとディーラーを背に自撮りなんてしようものなら、とても厳しく注意されます(笑)また、プレー中に露骨にスマホをいじっていると、たとえ写真を撮るつもりがなくても「しまってください」と指示されることもあります。

フロア内は禁煙?それとも喫煙OK?

喫煙者にとっては、カジノフロアで喫煙できるか?それとも禁煙なのか?は気になるところですよね。この対応はカジノによって異なります。昨今の禁煙化の流れから、基本的に禁煙とするカジノが増えてきています。それでもフロア内にはたいてい喫煙所が用意してありますし、あるいは同じフロア内で喫煙可能なテーブル、禁煙のテーブルと分けられていることもあります。

最低いくらから遊べる?

最低賭け金は、カジノによって、プレーするゲームによって、そしてテーブルによってバラバラです。

カジノでは、どのゲームでも最低賭け金(ミニマムベット:Minimum bet)と最高賭け金(マックスベット:Maximum bet)が定められていて、ミニマムはmin、マックスはmaxと省略して各テーブルの看板に書かれています。

例えば「Min:$5 / Max:$250」と書かれていたら、最低賭け金は5ドル(約500円)で、最大は250ドル(約2万5000円)です。ただし、同じカジノ内の同じゲームでも、

ルーレットA
Min:$5 / Max:$250

ルーレットB
Min:$10 / Max:$500

ルーレットC
Min:$30 / Max:$1500

など、最低と最高が違うテーブルがいくつかあります。ですから、プレーしたいゲームが決まっているならまずはフロアをぶらっと散策してみてください。(おそらく、ミニマムが低い少額から遊べるテーブルの方が混み合っているでしょう)

さらに、ゲーム内でも賭け方によってミニマムが違う場合があります。例えばルーレットなら、ベッティングエリアの数字部分にチップを置く「インサイドベット」が5ドルからだと、「赤or黒」などのアウトサイドベットは10ドルから、という感じです。これらもテーブルに表記がありますので、プレー前にチェックするかディーラーに聞いてご確認ください。

そして、肝心の最低いくらから遊べる?という具体的な相場感としては、地域とカジノのグレードによってかなり違います。ミニマムの方は、韓国やフィリピンのカジノ、マレーシアのゲンティンハイランドなどは日本円で100円~300円程度の安いテーブルもあります。1回あたり500円〜1000円程度が平均。ラスベガスも、モナコもロンドンのカジノも。マカオはアジアのカジノでは相場が高い方で、最低1000円〜5000円が一般的でした。もちろん、どこでももっと高いテーブルも多々あり。VIPエリアはルーレット1回100万円もざらで、1ベットに数百万円のチップを積み上げているご老人には度肝を抜かれました…

現金からチップへはどうやって換金するの?

カジノでプレーする際は、まず現金をチップに換えます。現金とはもちろん現地通貨。韓国のカジノでは日本円からチップへの交換も可能ですが、そのほかの多くの地域ではできません。軍資金として日本円を持参するなら、前もって両替屋や銀行などで現地通貨に変えましょう。(カジノフロアに両替所が併設してあることも)あるいは、現地のATMでも使えるカードを持っているなら、現金を持参しなくてもATMで現地通貨を調達できます。

チップへの交換は、カジノ内のキャッシャー(換金所)で事前にするかプレーするテーブルで行います。テーブルでのチップ交換ができる場合は、席についたのち、ゲームが途切れたタイミングで資金をテーブルに置いてください。

このとき、ディーラーに手渡ししてはいけません。手渡しのほうがなんとなく丁寧に感じますが、それだといくら渡したのか場内の監視カメラでチェックできずにトラブルの原因となってしまいます。ですから、ディーラーは手渡しでは受け取りません。渡そうとするとテーブルに置けと指示されます。

テーブルに置いたら、何も言わずともチップに交換してくれます。あるいは「チェンジ、プリーズ」と言えば大丈夫。現金の代わりにクレジットカードでチップを買うこともできますので、ディーラーにご確認ください。

カジノのチップの種類

プレーのあとに手元に残ったチップを換金するときは、キャッシャーへ行きます。テーブルでは現金からチップへ変えることができても、チップから現金へは交換できません。チップを窓口のスタッフに出し、現金を受け取り、レシートにサインして完了です。

チップにはどんな種類がある?

カジノチップの種類

チップのデザインはカジノごとのオリジナルです。カジノ名や独自のロゴなどが描かれています。一方、世界中どこのカジノでも、チップは単価ごとに色分けされていて数字も書いてあるため、自分がいまいくら持っているのかは簡単に理解できます。

例えば、ラスベガスのカジノでは

白 / 1ドル
赤 / 5ドル
緑 / 25ドル
黒 / 100ドル
紫 / 500ドル
黄 / 1000ドル
茶 / 5000ドル
橙 / 25000ドル

このように、色と単価が統一されています。レッドと言えば5ドルを指し、グリーンなら25ドル。大きな金額のチップしか手元になく、ミニマムベットに合わせて小さいチップに変えたいこともあるでしょう。そんな時はテーブルで「スモールチェンジ、プリーズ」と言って出してください。そうすると単価が小さいチップに両替してくれます。あるいは「オールレッド」や「オールブラック」など、色で種類の指定を。

ポーカーやルーレット専用のチップ

あと、ルーレットやポーカーにはカジノ内共通のものとは違う、プレイヤーごとに色分けされた専用のチップがあります。理由は、例えばルーレットでは複数のプレイヤーが一緒にひとつのテーブル上に賭けていくため、ディーラーが誰がいくら賭けているのか把握するためです。

ルーレットでプレーするときは、現金をテーブルに出してチップをもらうかカジノ内共通チップを出すと専用チップに変えてくれます。ゲームをやめる際は、専用チップをカジノ内共通チップに戻してもらってから席を立ちます。(先に座っていた別のプレイヤー達によってカラーチップがすべて使われているなら、共通チップでそのまま賭けても問題ありません)

ゲームの進行中はチップをむやみに触らない

ゲームの進行中は、チップを触ってはいけません。不正を疑われます。

ルーレットなら、ディーラーが「ノーモアベット」と言ってベルを鳴らしたらそれ以後テーブルにチップを置くのは禁止。ボールが止まって目が確定しても、ディーラーがベッティングエリア内のチップを処理している最中は静かに見守りましょう。外れたチップを回収し終わって、勝者全員にチップを配り終えるまでお待ちください。

ブラックジャックなら、ディーラーがカードを配り始めたら賭け金を増額することはできませんので、カードを引くかステイするかの判断に集中を。

ついでに、テーブルに肘をついてチップを手で覆うような姿勢をずっと取っていると注意されることもあります。もしも何か言われたら指示に従ってください。

英語が話せないとプレーできない?

カジノは英語が話せないと遊べない?

「英語が分からない、現地語が使えないけれど大丈夫?」という心配もあるかと思いますが、カジノの各ゲームには特有のジェスチャーによる指示があり、たとえ一切言葉が話せなくてもプレーできます。

まず、ルーレットには特別なジェスチャーはありません。テーブル上にチップを置いて、あとは運にまかせるだけですから。バカラも特になし。クラップスは、自分がシューターの番なればダイスを持って投げるだけ。投げ方は自分の前のシューターを参考に。また、投げたくなければパスもできます。

ブラックジャックにはいくつかのジェスチャーがありますが、全部簡単です。例えばカードを引く(ヒットする)ときはテーブルを指でトントン叩きます。カードがそれ以上不要(ステイ)なら、手の平を下にして左右に振ります。

どのゲームでも、ほかのプレイヤーの動きを見ていればすぐに慣れると思います。

もちろん、ディーラーと話したり同じテーブルに座る他のプレイヤーたちと会話できるほうが何倍も楽しいです。ただ、流暢に話せなくても片言で全然大丈夫。勝負の熱狂や勝利の興奮を分かち合うという"言葉を超えたコミュニケーション"をお楽しみください。

カジノのメンバーシップ特典

最後に、カジノ体験をオトクにする情報を。

コンプを貯めると特典いっぱい

カジノのメンバーズカード

カジノによっては、会員専用のリワードプログラム(Reward Program:報酬プログラム)があります。簡単に言えば、「会員カードを作って遊んでくれたら、プレーに応じてポイント還元するよ」というもの。

カジノ内にある登録受付にて用紙に記入し、パスポートで本人確認を済ませると(同時に顔写真を撮影することも)、その場でメンバーカードが渡されます。このメンバーカードをプレー前にディーラーに渡すか、スロットなら機械に挿入してからスピンさせると、プレー時間と金額に応じてComp(コンプ)というポイントが貯まります。

そして、コンプが一定以上貯まるとホテルの宿泊が無料、アップグレード、食事のサービスなどさまざまな特典と交換できます。また、コンプの量(=プレーした量)に応じて会員グレードが上がっていき、特典の内容も変わります。特典内容や会員アップグレードの仕組みはカジノごとに違うため、入会時にスタッフに聞いて確認するか、カジノの公式ウェブサイトやフロアに置いてあるパンフレット等でご確認下さい。

まとめ

ロンドンのヒッポドロームカジノ

いかがでしょうか?

ここで挙げたルールやマナーはランドカジノへ行くにあたって最低限おさえておきたい予備知識です。

カジノと一口に言っても、国とハウスによってまったく雰囲気が違います。プレーできるゲームもさまざま。ですが、年齢制限やドレスコードがあるということ、カジノ内では原則撮影禁止などは世界共通。

改めて各項をご確認ください。

ランドカジノの基礎
  • パスポート(年齢確認用ID)を持参する
  • 入場には年齢制限がある
  • ドレスコードも事前に確認(ラフすぎなければ基本的にどこでも大丈夫)
  • 大きな荷物やコートはクロークへ預けよう
  • ルールを予習しておいた方が当然楽しい
  • カジノ内は原則撮影禁止
  • 資金は現地通貨で用意(もしくはカジノ内ATMで)
  • 席へつく前に最低・最高賭け金をチェック
  • チップへの交換はキャッシャーかテーブルで
  • テーブルでのチップへの交換は紙幣をテーブルに"置く"
  • ルーレットとポーカーは色分けされた専用チップがある
  • プレー進行中はむやみにチップを触らない
  • プレーの指示はジェスチャーでOK
  • チップを現金に戻す際はキャッシャーへ
  • 会員登録してポイントを貯めると特典あり

いろいろ書きましたが、行く前から頭でっかちになっても仕方がないので、パスポートを片手にとりあえずフロアへ行ってみてください。一切遊ばなくても入れますし、プレーしている方々をみていればすぐに慣れると思います。ゲームのルールをおさらいするなら、当サイト設置の無料ゲームで練習したりルールの解説ページをご活用ください。当サイトがランドカジノデビューのお役に立てば幸いです。

最後に補足となりますが、もしもリターンを重視されるなら圧倒的にオンラインカジノの方が有利です。ランドカジノとオンラインカジノ両方を比較して言うなら、ランドカジノはフロアの雰囲気やディーラーとのやりとりも含めて味わう社交の場であり、オンラインカジノは完全に自分のペースで利益を追いかけられる自己完結のエンタメ。気軽に初めてサッと辞められるオンラインの方がはるかに勝ち逃げしやすい。

ルーレットの手法を試したりブラックジャックの基礎戦略を覚えるための練習場としてもオンラインカジノは使えます。十分プレーして理解を深めてからランドカジノへ行くと何倍も楽しめるかと思います。

ということで、あなたの次のランドカジノ旅行が素敵な体験となりますように。

人気オンラインカジノ

カジノシークレット 1

カジノシークレット(Casino Secret)は2018年にオープンした新しいオンラインカジノです。ただ新しいだけではなく、サービス面も革新的。オンラインカジノの世界では業界初の「負けても一部は現金 ...

ラッキーニッキーカジノ 2

かわいい日本風のアニメキャラがサイトナビゲーターをつとめるラッキーニッキーカジノ(Luckyniki.com)は、2017年に誕生した世界初のキャラクターコンセプト型カジノです。マルタ共和国の営業許可 ...

ビットカジノ・アイオー 3

ビットカジノ(BitCasino.io)は、会員登録がメールアドレスと簡単な情報だけで完了し、面倒な本人確認手続きも不要、入出金も早いという三拍子揃った特徴からとにかく手軽に簡単にプレーできる人気急上 ...

2017年4月12日

Copyright© 世界のランドカジノとネットカジノ解説サイト|リストオブカジノ , 2019 All Rights Reserved.